-ストーリー--


レイトン教授に送られてきた1通の手紙。
それは友人であり、尊敬する師でもあるアンドルー・シュレーダー博士からだった─。

『長年追い求めてきた”悪魔の箱”をついに手に入れた。
ちゃんと調査が済むまでは開けまいと思っていたが
箱の魅力にとりつかれ我慢できずに開けてしまいそうだ。
自分の身に何かあったら後を頼む。』

心配になったレイトンは助手のルークを連れ博士を訪ねると
そこにはすでに絶命した博士の姿が・・・。

開けて中を見た者は必ず死ぬという伝説の秘宝”悪魔の箱”。
美しい箱にかけられた呪いか・・・何者かによる陰謀か・・・
現場から消えた悪魔の箱。
そして新たに発見された「モレントリー急行」の使用済み切符。
それは博士からのメッセージなのか?

2人は唯一の手掛かりであるモレントリー急行に乗って
ナゾを解明すべく旅に出た─。



<<BACK



−当ホームページの内容を無断で複写・転載することを禁じます−

広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット