-エイミ-

夜は冷たく清らかで痛いほどに輝く月明かりとともに闇の眷属に力を与えるかのようだ。
今夜も彼女はそんな夜の息吹に包まれているはずだった。ほの暗い部屋の中
椅子に座って動かない彼女は視線を窓へ移し外を覗き見た。
松明の炎があかあかと燃え刺々しい雑音を立てる甲冑が蠢いていた。
この光と音を彼女は以前にも経験していた。
…私はしばらく戻らぬが良い子にしているんだよ…。
あの時あの者は彼女にそう言い残し剣を取り騒々しい夜は沈黙したはずだった。
だがそれも長くは続かず再び外はざわめきだした。
そして今、彼はいない。彼女のために彼女を置いて旅立ってしまったのだ。
光と音は、今にもこの世界に入り込もうとしていた。彼の世界が蝕まれようとしている…。
彼女は椅子から腰を上げると部屋の出口へと向かい扉の前で歩みを止めた。
誰もいない広大なホールを振り返る。すぐに向き直ると、扉を開けた。
あの時の言葉を、もう一度、噛みしめ微笑んだ。
彼の作った、この世界を守らなくては。

年齢

不明

出身 フランス王国
身長

不明

体重

不明

血液型

不明

流派

ソレル・ラピエレ

武器

ソードレイピア

武器名

アルビオン




<<BACK

−当ホームページの内容を無断で複写・転載することを禁じます−


広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット