-ファン・ソンギョン-

二度目のソウルエッジ探索から帰国し沿岸警備隊へと戻ったファンは隣国の侵略に備える
日々を送っていた。だがソウルエッジは救国の剣などではなく亡国の剣であると報告をした
ことで国内の救国の剣を信望する一派から難癖を付けられるようになってしまう。
謹慎中、ファンは上層部から呼び出され日本がソウルエッジの捜索を画策しているという。
上層部は日本がソウルエッジを掲げて祖国へと侵攻してくるのを恐れていた。
そして、その日のうちにファンに新たな使命が告げられる。
「世界を旅してソウルエッジを探しているであろう日本の間者を探し出し、これを倒すこと。
その力が敵の手に落ちるのを未然に防ぐべし。そして可能ならばソウルエッジを持ち帰ること」
二度の旅の成果は実質ないに等しく一部からはあの男では無理だとの声もあったが彼以上
に国外のことを知る人物はいなかったのだ。
ソウルエッジが邪な存在であることを確信していた彼は使命の旅に出る前に首都へ赴いた。

年齢

32歳

出身 朝鮮
身長

171cm

体重

62kg

血液型

AB型

流派

黄式大刀術

武器

中華刀

武器名

蒼霹




<<BACK

−当ホームページの内容を無断で複写・転載することを禁じます−


広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット