モード -ストーリー-
PS2版『鉄拳5』のオリジナルとなるストーリーモード。
各キャラクターごとに描かれているストーリーを追いながら進行する。
▼風間 仁編
 三島 一八と風間 準の間に生まれし運命の子。
 一八、三島 平八の死闘の後、仁は本丸から飛び去るが邪悪な気配を感じて意識を失ってしまう。
 やがて意識を取り戻した仁が見た物は荒れ果てた山林の姿。それは暴走した自分の
 仕業である事は疑いようが無かった。
 その後、屋久島に戻った仁は悪夢にうなされ己のデビルの血が強くなっていくのを感じていた。
 「このまま精神を侵蝕され続ければ、完全に自我を失うのも時間の問題だろう」
 そう考えた仁は元凶を絶つため何処ともなく旅立つのであった。運命の糸に導かれるままに。
▼風間 飛鳥編
 物心のつく前から父に風間流古武術を叩き込まれた飛鳥は持ち前の正義感からもめごとを
 見つけると乱入する『おせっかいな喧嘩仲裁屋』と、地元大阪ではちょっとは有名な存在だった。
 ある日帰宅すると、道場の門下生達が沈痛な面持ちで飛鳥を迎えた。
 聞くと中国人ぽい男が道場に現れて父を倒し、父はそのまま病院へ─。
 後日、事情聴取に訪れた刑事から「男はThe King of Iron Fist Tournamentに出場するだろう」
 と聞き、自ら大会に出場することを決める。
▼レイヴン編
 国際的な諜報機関に於いて、最も優秀かつ冷酷であると評されるエージェント。
 コードネーム『Raven』。
 顔にX字の傷跡を持つこと以外、国籍・年齢など素性経歴は一切不明。
 総司令部からの指令で、三島財閥と新興企業G社について調査を進めていく中、『JACK部隊』の
 自爆攻撃に巻き込まれる三島 平八の姿を目撃する。
 その後、何者かによってThe King of Iron Fist Tournament開催が告知された。
 Ravenは大会の裏に潜む真相を探るべく潜入する。
▼フェン・ウェイ編
 中国拳法を極め、最強を目指す武闘家、馮 威。
 幼い頃から『神拳』と呼ばれる中国拳法の達人の下で修行に励み成人となる頃には
 同門最強と認められるまでになった。
 しかし、貪欲に強さを求める余り、禁忌とされていた他流試合をしてしまい、ついには馮を
 諌めようとした師・神拳をも殺してしまう。
 その際「完全なる神拳の復活には三島に奪われし『神拳奥義之書』が必要だ」と知らされた馮は
 The King of Iron Fist Tournament出場を決意する。


<<BACK


−当ホームページの内容を無断で複写・転載することを禁じます−

広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット