ストーリー
The King of Iron Fist Tournament 4 終了後…
三島財閥・本丸では三島 一八と風間 仁の激しい親子対決が繰り広げられていた。
結果、闘いは仁に軍配が上がり、三島 平八は一八を見限った。
「所詮はこの程度か、ふがいない。お前はここで死ね。」続いて始まった平八と仁の死闘…
黒き翼を生やし、怒りに満ちた仁の力は平八をも凌ぎ、平八は死を覚悟した。
しかし、すんでのところで仁は我を取り戻し、「母さんに…風間 準に感謝しろ。」
という言葉を残し本丸から飛び去った。力尽きた平八は、暫く大の字に体を横たえていた。
先ほどの闘いが嘘だったかのような静寂・・。
だが、その静寂は、遠方から近づく航空機の音によって打ち消される。
その音はやがて爆音となり、何かを射出する音が聞こえたかと思うと天井を突き破り
JACKが次々と突入してきた。
振動と轟音に目を覚ました一八も状況を把握できないでいた。
「何者じゃ、貴様ら!」平八が叫ぶと同時に、JACK群が2人に一斉に襲い掛かる。
図らずも、共闘してJACK群を薙ぎ倒し始める平八と一八。
しかし、どれだけ倒しても敵の数は減る気配がなく、増援が次々と侵入してくる。
さすがの平八も息切れし始めたその時、平八は一八の裏切りにより敵の真っ只中に
投げ込まれてしまう。「おのれ、一八!!!」絶叫する平八を尻目に一八は敵の隙を突いて
本丸から脱出する。本丸が爆発とともに消滅したのはその直後だった。
その様子を冷淡に見つめる黒衣で身を包んだ男─。
男は通信音を確認すると報告した。「Heihachi Mishima is dead…」(三島 平八は死んだ)
その直後、男の背後から1体のJACKが襲い掛かるが、ブレードで一閃され大破。
同時に男は姿を消した。
本丸は跡形もなく消し飛び、周囲は業火に包まれていた。
その中で、瓦礫を吹き飛ばし、地中から何かが姿を現したのを目撃した者は誰もいない。
翌日、三島財閥頭首・三島 平八の死は、世界中の人々が知るところとなった。
それは三島財閥の終焉を意味するはずであったが、何者かが三島財閥のトップに立ち
三島財閥は、何事もなかったかのように平静を取り戻していた。
1ヵ月後、三島財閥主催によるThe King of Iron Fist Tournament 5の開催が告知される。
謎に包まれたThe King of Iron Fist Tournamentが再び幕を開けようとしている…


<<BACK


−当ホームページの内容を無断で複写・転載することを禁じます−

広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット